あの料理評論家の長男が逮捕されました。  警視庁捜査2課によると、容疑者は、料理を教える学園の理事長の長男で「ナンバーズの購入代金にしたり友人にあげたりした」と容疑を認めているという。 捜査2課の説明では、容疑者は総務部長だった2012年4月~今年3月、学園が広告宣伝業務を外注する渋谷区のデザイン会 […]

[会計不正 ケーススタディ] 水増し請求とキックバック - 服部栄養専門学校


皆様は事業を始める時に本を読んだり、友人に相談したり、Webを漁ったり、あるいはセミナーに出席したりと準備をされて来たのではないでしょうか。 もしかしたら今まさに調べ中の方もいらっしゃるかと思います。 色々な情報や意見があり、結局なんだかよくわからないと思いますのでズバリと本質を言います。 創業(起 […]

創業準備の本質。創業(起業)に必要なことはたったのこれだけだった


会社役員の報酬はいくらくらいだと思いますか? 上場企業だと業績や不祥事次第でゼロ円など異様に低い額もあり得ますので一概に言えませんが、公表されていますので見ていきましょう。 高額なのを選ぶと例えばこれ。プリント基板のキョウデンという会社の平成26年3月期。 退職慰労金で12億6000万円。なかなかの […]

決定版 役員報酬の決め方完全ガイド ~ 新たに起業する方から上場会社までポイントを完全網羅 ~



これから起業しようとするときに、まず決めなければいけないのが会社名。法律的には「商号」といいます。 さて、この会社名。これから長い付き合いになるので非常に重要なのですが、なかなか決められない。お気に入りの会社名がすでに存在していたり、ファウンダーと社長で意見が相違したり・・・   会社名は […]

成功する会社名のつけ方完全マニュアル。商売繁盛のために確認しておきたいルールと成功法則。


三菱は自動車に引き続き災難続きですね。今回は電機で着服案件が出ました。 新幹線のネット予約システムの保守業務を巡り、架空発注を繰り返して勤務先の三菱電機(東京都千代田区)から約2千万円をだまし取ったとして、警視庁は、同社元社員で50代の男を8日にも詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で […]

[ケーススタディ] 架空発注で2000万円着服容疑。総額は4.6憶の被害。三菱電機元社員を逮捕


平成27年度の税制改正により、年末調整において、日本国外に居住する親族の扶養控除等(扶養控除、配偶者控除、障害者控除又は配偶者特別控除)の適用を受ける場合には、その親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出(又は提示)することが義務化されました。今回はその点について解説いたし […]

海外に居住する親族の扶養確認の厳格化 ~平成28年度以降の確定申告の注意点~



今回は固い話です。 会社を設立する際に、損得勘定で一番大切なのは消費税の判断です。 基本的には消費税の還付を受けられるような特殊な業種以外では、免税を受けられる場合には免税したほうが得です。 消費税は過去、導入に際して何度も失敗しました。何とか導入にこぎつけるために中小企業に配慮した制度設計になって […]

創業時に理解したい消費税の話。納税義務の判定を中心に徹底的にわかりやすく解説


衝撃的な報道がありました。 国税当局から所得隠しを指摘された埼玉県内の税理士法人が昨年11月、税理士法に基づく懲戒処分に向けた調査中に解散し、ほぼ同じスタッフで同じ名前の別法人を設立していたことがわかった。~中略 所得隠しを指摘されたのは、同県熊谷市の税理士法人「武蔵経営」と関連会社。いずれも元国税 […]

税理士が所得隠しだけでも事件です…がっ、さらに上を行く元国税局職員税理士の衝撃報道


会社を設立するとき、必ず検討するのが消費税の取り扱い。 条件を満たせば2年間は免税事業者になる。 免税事業者は消費税の納税の義務が免除されます。その意味するところは、消費税を国に納めもしないし、払いすぎた消費税の還付も受けない。   中小企業アルアル。「免税事業者だから消費税は払わなくてい […]

「免税事業者なんだから消費税分おまけしてよ。」 事業者なら確認しておきたいうっかり言ってしまいそうなNGワードを解説



顧問先は近くの〇〇に頼もう。 銀行や知り合いに紹介された近所のあの人に頼もう。   そんな風に顧問税理士を決めていませんか? 中小企業では、顧問税理士が会社の帳簿をつけるケースが多いでしょう。 特に創業期では良い顧問税理士をパートナーにすることは会社成功のファーストステップ。 その後の会社 […]

税理士顧問は近くの人にお願いしたほうがいいの?地域で選ぶメリット・デメリット


今日はパート、アルバイトはもちろんより、クラウドソーシングや業務委託の方。これから少し働こうと考えている専業主婦の方などの必須知識です。   今そこにある壁 103万円、130万円。この数字は管理部門の方であれば頭に入れておいて良いでしょう。 それは扶養に入るか否かの基準。 扶養には主に2 […]

扶養者がいる方の必須知識。103万円の壁と130万円の壁とは。税と社会保険に存在する重要な基準


本日は画期的なニュースがありました。 所得税の申告で競馬の外れ馬券代を経費に算入できるかが争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は21日、北海道の男性について「馬券購入には経済活動の実態がある」と判断、経費と認めなかった一審東京地裁判決を取り消し、男性側逆転勝訴を言い渡した。 国税庁は、経費算入を認め […]

ギャンブルを事業としてやっている一部の方には朗報か。馬券の経費問題の整理



補助金・助成金って日本語的には、なんとなくわかるが、いまいちなじみがなく掴みどころがないな。 という方は多い。 種類や条件がごちゃごちゃしていてよくわからない。 そんな方のために、補助金・助成金についてまとめました。これを読んですっきりしておきましょう。   補助金・助成金の基礎知識 そも […]

5分でわかる補助金と助成金(経営者、管理部門向け)


ドンキの会長がついに持ち株をすべてオランダの資産管理会社に譲渡しました。 安田氏個人としての持ち株はゼロになりました。 DQ Windmolen B.V. は安田氏が間接的に100%保有する資産管理会社。 間接的にということは、個人→資産管理会社A→(資産管理会社B)→DQ Windmolenという […]

[ケーススタディ] 上場企業の創業社長が資産を海外(オランダ)に移転


節税、租税回避、脱税といろいろ言葉があり、間違って使われていることも多い。 多いのは脱税を節税と誤って使ったりすることでしょうか。 経営者やビジネスマン向けの一般常識として用語の確認をしておきましょう。   脱税の意味 偽りその他不正な行為により納税を免れる行為のこと 要は、明らかな法律違 […]

節税、租税逃れ(租税回避)、脱税。言葉の違いと節税提案の判断基準を確認



日経にタワーマンションの相続税評価額の見直し記事がありました。 総務省と国税庁は2018年にも、価格の割に相続税が安くて済む高層マンションを節税目的で購入する動きに歯止めをかける検討に入った。現在は階層や購入 価格にかかわらず一律となっている相続税の「評価額」を高層階に行くほど引き上げ、節税効果を薄 […]

タワーマンション節税に終止符か!?総務省と国税庁が本格検討入り。節税商品にかかるリスクを確認


すごいニュースが出てきました。 身寄りのない高齢者の支援をうたう公益財団法人「日本ライフ協会」(東京都港区、浜田健士代表理事)が、公益認定法の定める手続きを経ずに高齢者から将来の葬儀代などとして預託金を集め、このうち約2億7400万円を流用し、全理事が19日に引責辞任することが分かった(以下略) ( […]

[ケーススタディ] 公益財団法人も高齢者から預かったお金を流用。内閣府の勧告に見る経営の実態 (公益財団法人日本ライフ協会)


金の延べ棒で脱税のニュースがありました。 映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で知られる元受刑囚が資金を隠すために利用したスイスのプライベートバンク、ユ ニオン・バンケール・プリベ(UBP)が、米国人顧客の脱税ほう助での米当局による訴追を回避するため、1億8800万ドル(約 222億円)の支払い […]

知っておきたい貴金属の税のあれこれを解説。有史以来価値を持ち続けている貴金属は現在も大忙しだった



親族を役員や従業員にして給与を支給するオーナー会社は多いと思います。 このような事例もありますので注意が必要です。   東京・足立区の建設会社など2社とその社長が1億6000万円の所得を隠して脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。 「ネット建設」とA社長(46)は、おととし4月 […]

[ケーススタディ] 親族を役員や従業員にして勤務の実態がないのに給与支給して自身の所得隠し。不動産会社社長が刑事告発される


今回も経理不正を学んでいきましょう。なお、本記事は不正の手口を確認することにより、このようなことが起きないようにするべきと経営者がきちんとした管理を行ってくれることを期待して記載しています。   本日、東証1部上場企業のイワキ株式会社から「当社子会社元役員による不正行為に関する調査結果につ […]

[ケーススタディ] 預金口座間の移動で横領の手口。残高証明書を偽造して発覚を免れる。ドラマのようないわき株式会社の不正調査結果を読む


2
会社は最初に出したお金を資本金として事業を始めます。 会社を設立するときはそのお金が動いて会社に行ったという点を確認する手順があります。 お金を用意するのが当たり前。。。と思っていませんか? 実は、お金以外を資本金としても良いのです。   お金以外を資本金として会社を設立することを変態設立 […]

お金じゃなくてモノを会社の財産として出資はできるの?変態な設立方法



お金持ちを国税は富裕層と呼んでいます。 国税HPで「富裕層」を検索すると137件ヒットしました。一番最近の文書は札幌国税局の富裕層への対応結果です。 札幌では追徴税額は3億2千5百万円の成果。なかなか誇らしげにアナウンスされています(国税HP プレスリリース)。   富裕層がターゲットにさ […]

お金持ちに対する国税対応まとめ ー 重点管理富裕層に係る管理・調査体制の事務運営要綱に見える国税対応と今後の方針


1名が横領していることが発覚した。 横領が発生するような組織風土であれば、表に出ていない横領がもっとあるのではないか。 そんな実例を感じさせるニュースがありました。 NHK子会社のNHKアイテックで横領が連続発覚 比較的大きな金額で、税務調査の過程で発覚しました。それにしても国税の不正調査能力はすご […]

[ ケーススタディ ] 一匹いるところには何匹いるの?横領の生命力を侮ってはいけない・・・横領続くNHKアイテック。抜本的な再発防止構築できるか。やはり国税調査で発覚。


全ての会社が順調に行くわけではありません。また、後継者不足や親会社の方針変更などで清算することもあるでしょう。 会社をたたむときの手続は債務超過や債権者と争いになっていなければ基本的には自分でできます。 以下、株式会社の場合を念頭に置きます。どの形式も大体同じです。   会社をたたむ(清算 […]

会社をたたむときの手続。跡取り不在、経営の行き詰まり、戦略的撤退などの理由で会社を整理しようと考えた時に確認したい具体的な手順と確認ポイント



企業が行う節税対策として、自動車を買ったり、不動産を買ったりすることが良く行われていますが、保険でも節税ができることをご存知でしょうか。 これは完全に政策的なものなのですが、保険は節税効果が高いです。おそらく社会保障の安定という国家的なニーズと保険会社のロビー活動の賜物でしょう。 保険はなんだかやや […]

節税はものを買ったりするだけじゃない!なかなか使える生命保険は実は年度末前の駆け込み購入よりメリットがあることも多かった


1
昨年9月まで上場していたインスパイアー株式会社の破産開始決定が下されました。 インスパイアー(株)(資本金15億4903万632円、中央区入船1-9-8、代表駒澤孝次氏)は、10月23日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。 負債は9億円の見込み。 (データ元)帝国データバンク倒産速報 &nbs […]

[ケーススタディ] 上場企業が倒産に至るまで。上場廃止し倒産したインスパイアー株式会社の事例で確認するその歴史と生命力


いよいよ大筋合意したTPP。連日新聞各社の紙面をにぎわせています。 TPPの一般的な概要は政府公表の資料をみればわかりやすいです。 (TPP概要(内閣官房))   ざっくりいうと、TPPによって各国の貿易の垣根がさがります。貿易にはモノの他、サービスや投資も含みます。 これは世の中に大きな […]

経理が知っておくべきTPPの概要。実はモノの貿易だけではない、サービスの貿易自由化。経理業務への影響に備えよ



人気ロックバンド「U2」。日本でも人気なので耳にしたことがある方が多いと思います。 最もポピュラーな代表曲は「with or without you」あたりでしょうか。   さて、そのU2のベースを担当するメンバーのクレイトン(Clayton)氏が会計顧問に損害賠償を起こしたことが報じられ […]

[ケーススタディ] U2のバンドメンバー訴訟。税務/会計顧問が投資についてアドバイスするリスクは高かった


会社って株式会社だけじゃないの?株式会社以外って怪しくない? そんなことないです。 その前に会社の基礎的なことをおさらい。会社って何だろう。会社は法人格を持っています。「法」+「人格」でなんとなく想像が付くと思いますが、法によって人格が与えられたのが会社です。人格があると、会社の名前で契約などいろい […]

起業やグループ経営に備えて、いろいろな種類の会社を知っておこう。会社の種類を解説。会社は株式会社だけではない!


起業を目指して独立される方、会社の管理部門の方で子会社として株式会社を作りたいが手続きはどうなっているんだろう。 自分でできないことはないと言われているが、本当にできるのだろうか。 わかりやすく手順をお伝えします。 まず用意するもの 印鑑 定款 お金 1. 印鑑(ハンコ) 会社の印鑑は通常4つありま […]

会社設立することを決めたら読んで確認。「株式会社の設立」を自分でやる手順をステップバイステップでわかりやすく解説。



創立者の長女で元学園長を務めていた方が、学校法人のお金を自由な感じで使っていたことが発覚した文理佐藤学園。 税務でのお決まりのパターンの報道がされました。 国税局は、業務とは認められない旅費や高級ホテルの宿泊費、佐藤元学園長が学園名義のクレジットカードで支払ったアクセサリーの購入代など、総額およそ […]

横領・流用があったときの税務ガイド。問題が沈静化したころにやってくる税の第2波に備える。ケース別にみる横領の税務


助成金といっても多々ありますが、今回はキャリアアップ助成金についてです。   キャリアアップ助成金とは、非正規雇用の労働者(アルバイト、パートタイマー、派遣労働者、有期契約労働者、正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む)のキャリアアップ等を促進する取組みを実施した事業主が、助成金を受 […]

非正規から正規雇用へのルートを持つ会社が活用すべき助成金 - キャリアアップ助成金の「正規雇用等転換コース」


起業する際に迷うのが会社の体制。 一緒にいる仲間を取締役にしたり、上場に向けて取締役会設置会社にしたり。親族経営で家族を取締役にしたり。 ペンで有名なセーラー万年筆で社長解任騒動がありましたので、それをもとに会社の体制(専門的には機関の設計といいます)を決める際の参考になるよう見ていきたいと思います […]

[ケーススタディ] 取締役会のある会社は社長解任される可能性がある!上場企業で社長解任の内部闘争勃発。社長は襟を正してしっかり経営が必須



アベノミックスで株式市場は盛り上がりました。 2012年に日経平均株価は1万円程度だったのが2015年には2万円になりました。3年で2倍です。 また、「くじら」と呼ばれる日銀によるETF購入、年金(GPIF)による株式保有比率の引き上げ、制度面では一定の額を非課税とするNISAなど、官を挙げて株高を […]

確定申告が近いからこそ確認したい。金融商品に関する税務まとめ 2015


東芝の監査含め問題があるとして新日本監査法人に金融庁が本日処分を下すという報道が出ています。 改めて、監査法人というものを考えてみる良い機会でしょう。 監査法人は公認会計士の法人化した集まりを言うので、役割としてはほぼ公認会計士と同じです。 日本では”法人”として会社と同じように扱われていますが、海 […]

金融庁による監査法人の処分が発表へ。監査法人をわかりやすく解説。著しく不適当な監査を行った監査法人の末路は


相続対策として成年後見人制度がつなぎとして活用されるケースがありますが、着服の司法書士に懲役6年の地裁判決の報道がありました。  成年後見業務などに絡んで顧客の預金8千万円余りを着服したとして、業務上横領罪などに問われた元岡山県司法書士会副会長の戸川和正被告(43)=赤磐 市平山=に、岡山地裁は21 […]

[ケーススタディ] 相続対策で使われる成年後見人制度に注意。業務上横領等で岡山の司法書士に6年の実刑判決



現行の帳簿等保存方式から、今後インボイス方式(適格請求書等保管方式)に代わることは前回記事にしました。 今までの消費税の計算方法については、申告書上で消費税額を計算する方式でした。この場合には端数処理はあまり問題にならないのですが、積み上げ型の計算をされている事業者にとっては端数処理が大きな関心事で […]

消費税の端数処理は関係なくなる?インボイス方式(適格請求書等保存方式)で変わる消費税の実務判断


1
12月17日に与党の税制改正大綱が公表されました。その中に以下の記載があります。 複数税率制度の下において適正な課税を確保する観点から、事業者に十分な説明を行いつつ、インボイス制度を導入する。当面は、執行可能性に配慮し、簡素な方法によることとする 恐るべし。。。週刊誌を連日賑わせているのもあり、聞い […]

消費税のインボイス方式って何ぞや。横文字だとよくわからないが日本語にすれば簡単、インボイス方式


自民・公明党の税制大綱が発表されました。127ページもあり、なかなか読むのにパワーが必要です。 目玉は法人税の実効税率を20%台にするという安倍総理の肝いりでしょうか。 実効税率と耳慣れない言葉かもしれませんが、実際の税率と考えておけば良いです。税の仕組みは複雑で、表面的な%で表せないので、それらを […]

税はどのように決まるのか。税制はこうやって決まっていく。社会人として知っておきたい税に関する世の中の仕組み



  会社を辞めるまでは会社の社会保険に加入していますが、会社を辞めると保険の加入も自分でやらねばなりません。 空白期間を間を空けずに転職される場合には、転職先の会社でやってくれるので意識することはありませんが、起業の準備期間や骨休めである程度失業期間をとる場合には自身でいろいろ手続きをする […]

起業を予定している方必見。退職後に加入する健康保険の確認。理解しておくべき任意継続と国民健康保険をわかりやすく確認


本日、ブレーキパッドの大手、曙ブレーキで12億円の不適切会計があった報道がありました。 自動車部品大手の曙ブレーキ工業は15日、3年間で約12億円を過大に売上高に計上する不適切な会計処理をしていたと発表した。社内の売上高の目標を達成するために、取引先に必要以上の商品を売る「押し込み販売」をしていたと […]

[ケーススタディ] 押し込み販売で売上を大きく計上した曙ブレーキ。経緯がかかれた報告書を提出


本日、直近で上場したばかりのAPPBANKからリリースが出ました。 今般、誠に遺憾ながら、当社元役員が、経理部門に在職した期間を通じて、当社の金銭を業務上横領していた疑いのある事実が判明いたしました。当社において、このような事態が生じたことは、誠に遺憾であり、株主・投資家の皆様をはじめ、取引先および […]

[ケーススタディ] 会計士(監査法人)より怖い税務調査。反面調査で経理責任者が隠していた秘密がバレたアップバンク



サラリーマンの給料は下がり続けている世の中。商売っ気のある方や止むに止まれぬ事情がある方は副業をされている場合もあるでしょう。   副業が起きる大きな要因。サラリーマンの給与は減る傾向 国税及び転職エージェント会社のDODAが調査した22万件のホワイトカラー職種の調査によると平均給与はこん […]

どきっ!人事から「なにか副業か何かやってます?」。なぜわかった!仕組みを確認。副業家の必須知識


今回はコラムです。税理士への処分が2014年度は59件と過去最多を記録したニュースがありました。 脱税を指南するなどして国税庁から懲戒処分を受ける税理士や税理士法人が増えている。2014年度の処分は過去最多の59件に上り、10年前の約3倍。背景には、税理士の増加などに伴う顧客獲得競争の激化があるとみ […]

どこまで増えるのか税理士懲戒処分。2014年度は過去最多。10年で3倍に増加。


社会保険とはなんでしょうか。 広義と狭義の2つのそれぞれの意味があります。まず確認しておきましょう。   広義の社会保険 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険の4つがあります。   狭義の社会保険 健康保険と厚生年金保険の2つになり、雇用保険と労災保険は労働保険と呼ばれます […]

マイナンバーが本格化する前に確認しておきたい社会保険の加入義務と加入方法



法人税の税率を下げる議論が話題を呼んでいる昨今ですが、今後決算をする会社においては新たな税金が追加されています。地方法人税。。。法人住民税の間違いではなく、新しい税金です。減税があるので原則的に負担は変わりませんが、計算方法等変わっているので経理職の方はアップデートが必要です。   &nb […]

いつの間にか増えていた税金。その名も地方法人税。今後の決算からは計算方法や提出書類が変わるので経理担当者は要注意


工藤会トップの8億円が福岡国税局に差し押さえられたニュースがありました。 傘下の暴力団組員から集めた「上納金」をめぐる脱税事件で、福岡国税局が特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)トップの野村悟被告(69)=所得税法違反罪などで起訴=の個人口座から約8億円を差し押さえていたことが10日、捜査関係者 […]

営利を目的としなくても注意が必要。町内会やサークルに求められる管理。今後の裁判に注目が集まる工藤会上納金所得税法違反問題。


日経記事でザワザワする記事が出ました。 偽造された遺言書を使い、相続した遺産を社会福祉法人に寄付したように装って相続税約4億9千万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は22日、不動産管理 業、高木孝治容疑者(73)=大阪府東大阪市=と税理士、岩上順容疑者(63)=大阪市北区=ら計7人を相続税法違反と偽 […]

[ケーススタディ] 税理士ら7人逮捕。社会福祉法人への寄付を利用して相続税4.9億円脱税を解説



先日、靖国神社のトイレを爆発させた容疑者が、現場を確認しようと日本に戻ってきた際に空港で逮捕されました。 捜査関係者によると、逮捕されたのは住所・職業不詳の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)。事件後に帰国していたが、9日午前10時ごろに羽田空港から再入国。要注意人物リストを確認した入国管理局が […]

脱税するとその国に戻れなくなる。飛行機に乗っている間に狭まる包囲網。降りたら即囲まれ逮捕。


社会のルールの枠組みの中で商売をする。 その枠組みの最たるものが税務。 今回はそんな税務のなかで恐ろしい小話を一つ。 ちょっとしたウッカリが巨額の損失をもたらしてしまった事例です。   税金のお金は払ったが、提出する書類を忘れた! 人間、誰しも間違いはあります。間違いをしない人間なんてあり […]

間違うと怖い申告期限。うっかりも許されない、関西電力の巨額加算税に学ぶ心構え


起業した。会社を受け継いだ。 事業を大きくしていつかは上場できるような会社を作りたい。 ぼんやりとでもそんな風に考えられている経営者も多いのではないでしょうか。 また、起業の際にいきなりベンチャーキャピタルやエンジェルから資金を調達して一気に上場を目指す場合もあるでしょう。 経営者であれば、だれでも […]

[ケーススタディ] こんな状況でも上場企業はつぶれない。壮絶な税務署との差し押さえ合戦。これを見たら、起業して成功した場合に上場企業のサバイブ力を実感できる。LCAホールディングス