[ケーススタディ] 上場企業の創業社長が資産を海外(オランダ)に移転


ドンキの会長がついに持ち株をすべてオランダの資産管理会社に譲渡しました。

ドンキ資産管理会社

安田氏個人としての持ち株はゼロになりました。

DQ Windmolen B.V. は安田氏が間接的に100%保有する資産管理会社。

間接的にということは、個人→資産管理会社A→(資産管理会社B)→DQ Windmolenというところでしょうか。

ところで、Windmolenは風車のこと。オランダにちなんだのでしょうか。「ドンキ風車」なかなかのネーミングです。B.V. は日本でいう株式会社を意味します。設立は平成27年9月9日。日付もこだわりがありそうです。

出国税が導入されてから海外への資産移転は割に合わないものとなりました。

本件も節税のためというよりは、配当を無税でオランダにプールしながらリスク回避のために資産を世界的に分散させたりすることが狙いでしょう。

ドンキはいろいろ問題もありましたが27期連続の増収増益企業。スーパー優良企業の一つです。

どこまで連続増収増益を続けられるか、後継者はすごいプレッシャーでしょう。

著者紹介(Author Profile)

野口 仁
野口 仁イーグル会計事務所
本当はシステム開発が天職だと思っている公認会計士です。プログラムは何時間でも書き続けられます。個人的には金融、IT系、製造業系の会社が強いです。事務所としては数では飲食店のお客様が結構多いです。お客様の飲食店に伺うことも多いので太らないようにしていますが、その甲斐も虚しく最近太ってきています。

【キャリア】システムエンジニア→大手監査法人→メガバンクで銀行員→上場企業で最高財務責任者(CFO)→(ここから独立)イーグル会計事務所立ち上げ→税理士法人イーグル立上げ→イーグル会計事務所に戻る
【所有資格】公認会計士、税理士、中小企業診断士、第一種情報処理技術者、証券アナリスト、不動産証券化マスター等
【趣味】 温泉、洋楽、単車、漫画など
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

野口 仁 について

本当はシステム開発が天職だと思っている公認会計士です。プログラムは何時間でも書き続けられます。個人的には金融、IT系、製造業系の会社が強いです。事務所としては数では飲食店のお客様が結構多いです。お客様の飲食店に伺うことも多いので太らないようにしていますが、その甲斐も虚しく最近太ってきています。 【キャリア】システムエンジニア→大手監査法人→メガバンクで銀行員→上場企業で最高財務責任者(CFO)→(ここから独立)イーグル会計事務所立ち上げ→税理士法人イーグル立上げ→イーグル会計事務所に戻る 【所有資格】公認会計士、税理士、中小企業診断士、第一種情報処理技術者、証券アナリスト、不動産証券化マスター等 【趣味】 温泉、洋楽、単車、漫画など