脱税


平成27年度の税制改正により、年末調整において、日本国外に居住する親族の扶養控除等(扶養控除、配偶者控除、障害者控除又は配偶者特別控除)の適用を受ける場合には、その親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」を源泉徴収義務者に提出(又は提示)することが義務化されました。今回はその点について解説いたし […]

海外に居住する親族の扶養確認の厳格化 ~平成28年度以降の確定申告の注意点~


親族を役員や従業員にして給与を支給するオーナー会社は多いと思います。 このような事例もありますので注意が必要です。   東京・足立区の建設会社など2社とその社長が1億6000万円の所得を隠して脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。 「ネット建設」とA社長(46)は、おととし4月 […]

[ケーススタディ] 親族を役員や従業員にして勤務の実態がないのに給与支給して自身の所得隠し。不動産会社社長が刑事告発される


工藤会トップの8億円が福岡国税局に差し押さえられたニュースがありました。 傘下の暴力団組員から集めた「上納金」をめぐる脱税事件で、福岡国税局が特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)トップの野村悟被告(69)=所得税法違反罪などで起訴=の個人口座から約8億円を差し押さえていたことが10日、捜査関係者 […]

営利を目的としなくても注意が必要。町内会やサークルに求められる管理。今後の裁判に注目が集まる工藤会上納金所得税法違反問題。



日経記事でザワザワする記事が出ました。 偽造された遺言書を使い、相続した遺産を社会福祉法人に寄付したように装って相続税約4億9千万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は22日、不動産管理 業、高木孝治容疑者(73)=大阪府東大阪市=と税理士、岩上順容疑者(63)=大阪市北区=ら計7人を相続税法違反と偽 […]

[ケーススタディ] 税理士ら7人逮捕。社会福祉法人への寄付を利用して相続税4.9億円脱税を解説


先日、靖国神社のトイレを爆発させた容疑者が、現場を確認しようと日本に戻ってきた際に空港で逮捕されました。 捜査関係者によると、逮捕されたのは住所・職業不詳の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)。事件後に帰国していたが、9日午前10時ごろに羽田空港から再入国。要注意人物リストを確認した入国管理局が […]

脱税するとその国に戻れなくなる。飛行機に乗っている間に狭まる包囲網。降りたら即囲まれ逮捕。