[ケーススタディ] 相続対策で使われる成年後見人制度に注意。業務上横領等で岡山の司法書士に6年の実刑判決


相続対策として成年後見人制度がつなぎとして活用されるケースがありますが、着服の司法書士に懲役6年の地裁判決の報道がありました。

 成年後見業務などに絡んで顧客の預金8千万円余りを着服したとして、業務上横領罪などに問われた元岡山県司法書士会副会長の戸川和正被告(43)=赤磐 市平山=に、岡山地裁は21日、「職業倫理に著しく背く悪質性の高い犯行」として懲役6年、罰金30万円(求刑懲役8年、罰金30万円)の判決を言い渡し た(2015/12/21 山陽新聞

ポイントは以下でしょうか。

  • 岡山県司法書士会の元副会長
  • 被害額は約8700万円
  • 交際相手へのプレゼントや同棲のための住宅の購入に充てられた
  • 業務上横領以外もADR促進法にも違反

司法書士会の副会長を務めるかたでも油断できないという点は教訓になります。

肩書よりもきちんと証拠も添えて報告をしてくれる方を選んだほうがいいでしょう。

 

 

著者紹介(Author Profile)

野口 仁
野口 仁イーグル会計事務所
本当はシステム開発が天職だと思っている公認会計士です。プログラムは何時間でも書き続けられます。個人的には金融、IT系、製造業系の会社が強いです。事務所としては数では飲食店のお客様が結構多いです。お客様の飲食店に伺うことも多いので太らないようにしていますが、その甲斐も虚しく最近太ってきています。

【キャリア】システムエンジニア→大手監査法人→メガバンクで銀行員→上場企業で最高財務責任者(CFO)→(ここから独立)イーグル会計事務所立ち上げ→税理士法人イーグル立上げ→イーグル会計事務所に戻る
【所有資格】公認会計士、税理士、中小企業診断士、第一種情報処理技術者、証券アナリスト、不動産証券化マスター等
【趣味】 温泉、洋楽、単車、漫画など
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

野口 仁 について

本当はシステム開発が天職だと思っている公認会計士です。プログラムは何時間でも書き続けられます。個人的には金融、IT系、製造業系の会社が強いです。事務所としては数では飲食店のお客様が結構多いです。お客様の飲食店に伺うことも多いので太らないようにしていますが、その甲斐も虚しく最近太ってきています。 【キャリア】システムエンジニア→大手監査法人→メガバンクで銀行員→上場企業で最高財務責任者(CFO)→(ここから独立)イーグル会計事務所立ち上げ→税理士法人イーグル立上げ→イーグル会計事務所に戻る 【所有資格】公認会計士、税理士、中小企業診断士、第一種情報処理技術者、証券アナリスト、不動産証券化マスター等 【趣味】 温泉、洋楽、単車、漫画など