上場


三菱は自動車に引き続き災難続きですね。今回は電機で着服案件が出ました。 新幹線のネット予約システムの保守業務を巡り、架空発注を繰り返して勤務先の三菱電機(東京都千代田区)から約2千万円をだまし取ったとして、警視庁は、同社元社員で50代の男を8日にも詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で […]

[ケーススタディ] 架空発注で2000万円着服容疑。総額は4.6憶の被害。三菱電機元社員を逮捕


今回も経理不正を学んでいきましょう。なお、本記事は不正の手口を確認することにより、このようなことが起きないようにするべきと経営者がきちんとした管理を行ってくれることを期待して記載しています。   本日、東証1部上場企業のイワキ株式会社から「当社子会社元役員による不正行為に関する調査結果につ […]

[ケーススタディ] 預金口座間の移動で横領の手口。残高証明書を偽造して発覚を免れる。ドラマのようないわき株式会社の不正調査結果を読む


起業する際に迷うのが会社の体制。 一緒にいる仲間を取締役にしたり、上場に向けて取締役会設置会社にしたり。親族経営で家族を取締役にしたり。 ペンで有名なセーラー万年筆で社長解任騒動がありましたので、それをもとに会社の体制(専門的には機関の設計といいます)を決める際の参考になるよう見ていきたいと思います […]

[ケーススタディ] 取締役会のある会社は社長解任される可能性がある!上場企業で社長解任の内部闘争勃発。社長は襟を正してしっかり経営が必須



東芝の監査含め問題があるとして新日本監査法人に金融庁が本日処分を下すという報道が出ています。 改めて、監査法人というものを考えてみる良い機会でしょう。 監査法人は公認会計士の法人化した集まりを言うので、役割としてはほぼ公認会計士と同じです。 日本では”法人”として会社と同じように扱われていますが、海 […]

金融庁による監査法人の処分が発表へ。監査法人をわかりやすく解説。著しく不適当な監査を行った監査法人の末路は


起業した。会社を受け継いだ。 事業を大きくしていつかは上場できるような会社を作りたい。 ぼんやりとでもそんな風に考えられている経営者も多いのではないでしょうか。 また、起業の際にいきなりベンチャーキャピタルやエンジェルから資金を調達して一気に上場を目指す場合もあるでしょう。 経営者であれば、だれでも […]

[ケーススタディ] こんな状況でも上場企業はつぶれない。壮絶な税務署との差し押さえ合戦。これを見たら、起業して成功した場合に上場企業のサバイブ力を実感できる。LCAホールディングス