今月の投稿: 1月 2016


ドンキの会長がついに持ち株をすべてオランダの資産管理会社に譲渡しました。 安田氏個人としての持ち株はゼロになりました。 DQ Windmolen B.V. は安田氏が間接的に100%保有する資産管理会社。 間接的にということは、個人→資産管理会社A→(資産管理会社B)→DQ Windmolenという […]

[ケーススタディ] 上場企業の創業社長が資産を海外(オランダ)に移転


節税、租税回避、脱税といろいろ言葉があり、間違って使われていることも多い。 多いのは脱税を節税と誤って使ったりすることでしょうか。 経営者やビジネスマン向けの一般常識として用語の確認をしておきましょう。   脱税の意味 偽りその他不正な行為により納税を免れる行為のこと 要は、明らかな法律違 […]

節税、租税逃れ(租税回避)、脱税。言葉の違いと節税提案の判断基準を確認


日経にタワーマンションの相続税評価額の見直し記事がありました。 総務省と国税庁は2018年にも、価格の割に相続税が安くて済む高層マンションを節税目的で購入する動きに歯止めをかける検討に入った。現在は階層や購入 価格にかかわらず一律となっている相続税の「評価額」を高層階に行くほど引き上げ、節税効果を薄 […]

タワーマンション節税に終止符か!?総務省と国税庁が本格検討入り。節税商品にかかるリスクを確認



すごいニュースが出てきました。 身寄りのない高齢者の支援をうたう公益財団法人「日本ライフ協会」(東京都港区、浜田健士代表理事)が、公益認定法の定める手続きを経ずに高齢者から将来の葬儀代などとして預託金を集め、このうち約2億7400万円を流用し、全理事が19日に引責辞任することが分かった(以下略) ( […]

[ケーススタディ] 公益財団法人も高齢者から預かったお金を流用。内閣府の勧告に見る経営の実態 (公益財団法人日本ライフ協会)


金の延べ棒で脱税のニュースがありました。 映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で知られる元受刑囚が資金を隠すために利用したスイスのプライベートバンク、ユ ニオン・バンケール・プリベ(UBP)が、米国人顧客の脱税ほう助での米当局による訴追を回避するため、1億8800万ドル(約 222億円)の支払い […]

知っておきたい貴金属の税のあれこれを解説。有史以来価値を持ち続けている貴金属は現在も大忙しだった


親族を役員や従業員にして給与を支給するオーナー会社は多いと思います。 このような事例もありますので注意が必要です。   東京・足立区の建設会社など2社とその社長が1億6000万円の所得を隠して脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。 「ネット建設」とA社長(46)は、おととし4月 […]

[ケーススタディ] 親族を役員や従業員にして勤務の実態がないのに給与支給して自身の所得隠し。不動産会社社長が刑事告発される



今回も経理不正を学んでいきましょう。なお、本記事は不正の手口を確認することにより、このようなことが起きないようにするべきと経営者がきちんとした管理を行ってくれることを期待して記載しています。   本日、東証1部上場企業のイワキ株式会社から「当社子会社元役員による不正行為に関する調査結果につ […]

[ケーススタディ] 預金口座間の移動で横領の手口。残高証明書を偽造して発覚を免れる。ドラマのようないわき株式会社の不正調査結果を読む


お金持ちを国税は富裕層と呼んでいます。 国税HPで「富裕層」を検索すると137件ヒットしました。一番最近の文書は札幌国税局の富裕層への対応結果です。 札幌では追徴税額は3億2千5百万円の成果。なかなか誇らしげにアナウンスされています(国税HP プレスリリース)。   富裕層がターゲットにさ […]

お金持ちに対する国税対応まとめ ー 重点管理富裕層に係る管理・調査体制の事務運営要綱に見える国税対応と今後の方針